ホーム > 010fitting着付けの基礎 > 着付けの疑問あれこれ


着付けの疑問あれこれ

着付けの疑問あれこれの画像

着物の着付けについては、普段の洋服姿とは違って、決まりごとがありますが、着付けをする人によって違っている部分もありますので、着付けには疑問に感じることも多いと思われます。

着付けの際の疑問で一番多いのは、下着の着用についてです。

着物の着付けでは、基本的には、洋服用のブラジャーは着けないことになっていて、その代わりに和装用のブラジャーというものがあります。

着物姿を美しく見せることができるのが、この和装用のブラジャーですので、あらかじめ準備しておくか、タンクトップのようなタイプの下着を着ておくことも良いでしょう。

着物の着付けでは、胸元がはっきりと強調されるワイヤーが入っているような洋服用のブラジャーが適していないということになります。

ただし、もっと胸元にボリュームを出したいと考えるときには、薄いタオルや手ぬぐいなどを肌襦袢の上に当てて体型を補整するという方法があります。

着付けの際に下着を着けてはいけないといわれるのは、下着が着物のストレートなラインに出てしまうからです。

特に浴衣を着るときには、ブラジャーだけではなく、ショーツも着けてはいけないと考えている人がいますが、ショーツは着物姿の表に響きにくいタイプのものを選んで着用することがお勧めです。

あまり小さい形のショーツではなく、ゆったりとした形で、足首にレースなどがあしらわれている、ラインレスのものなら、着付けの際にショーツを着用していても、表にはラインが響かないので、安心です。

着付けの際のメイクについては、濃くてしっかりとしたメイクではなく、自然な薄いメイクを心がけると良いでしょう。

また着物を着ているときには、着物を傷める可能性がある小物などは着けないことが基本なので、腕時計は外して、ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーも着けないか、シンプルなデザインのものを選ぶほうが無難です。

普段は派手なネイルをしていたり、付け爪をしていたりする人も、着物姿のときはナチュラルなネイルにして、付け爪は外しておくほうが着物姿には合っています。



  

着物レンタル