ホーム > 040dresser着付けの番外編 > 着付けを仕事にするには


着付けを仕事にするには

着付けを仕事にするにはの画像

着物の着付けは、日本の文化を代表する芸術であり、知識や技術を得ることによって、仕事として着付けで活躍することができます。

日本の各方面では、結婚式での花嫁さんや列席者の着付け、成人式の振袖の着付け、七五三の子供の着物着付けなど、ほかにも着付けの講師の免状をとれば着付け教室を開くことができますし、自宅で着付けを請け負うこともできます。

着付けを仕事として働く先は、結婚式場や美容室、写真スタジオや、呉服店などさまざまです。

着付けを仕事とするなら、なんといっても着物が好きであるということが必要ですし、着物を着てでかける場所は冠婚葬祭と深く関わっていることが多いので、冠婚葬祭の基本的なマナーを修得することが必要です。

また着付けは人に着物を着せることが仕事となることがほとんどなので、人と接することが好きであるという人にも向いていますし、着付けの講師をするなら人にものを教えることが得意であるという人にとって良い仕事でしょう。

着物の着付けを仕事とするためには、自分で着物を着ることができることはもちろん、着物を着たときだけではなく、普段から立ち振る舞いが美しくあるように心がけておくと良いでしょう。

また人に着物を着付けてあげるという機会が増えますが、ときには着物を着る人に合った着物を選んで、着付けをするということが必要になります。

そのためには、着付けの技術だけではなく、着物の染めや織り、紋などの知識、着物の柄や格を知って、普段着に合う着物、特別な日に合う着物と、それらの着物に合わせることができる小物を選ぶ目を持っていることが望まれます。

着物の着付けをするためには、必ず資格を持っていなければならないというわけではありませんが、着物の着付けを学ぶことができる学校やスクールで基本的な技術から実践まで学んでおくと安心です。

さらに着物の着付けを仕事とするために資格を得たい場合には、着物の知識や着付けの技術を認定してもらうことができる試験を受けることもできます。



  

着物レンタル