ホーム > 040dresser着付けの番外編 > 着付けのコツを知る


着付けのコツを知る

着付けのコツを知るの画像

着物の着付けは、肌襦袢、長襦袢から着物を着て帯を締めることができれば、ひとまずは着物姿が完成となりますが、それだけで良いというものでもありません。

着物は着て家にいるというものではなく、どこかに出かけるために着物を着るということが多いので、着物を着て外出した先で着物が着崩れてしまったときに、どのように手直しするかということを知っていることが、着付けのコツといえます。

着物の着崩れを起こしやすい場所は、衿元や衣紋、おはしょりや裾などになります。

着物は大きく着崩れをしてしまうと、崩れてしまった部分を直すことが難しくなることもあるので、出かけた先でも時々は自分の着物姿をチェックしておき、少し着崩れをしていると感じたら、早めに直しておくことが良いでしょう。

また着物を着付けてすぐの状態はきれいでも、その後の歩き方が悪かったり、椅子への座り方が良くなかったりすると、着崩れを起こす原因となってしまいます。

着物を着た後は、どのように歩き、どのような立ち振る舞いをすると着崩れを起こしにくいのかを知っておくことも着付けのコツであるといえるのです。

着物の着付けは独学で学ぶことも可能ですが、着付け教室や着付けを学ぶことができる学校などに通って、知識や技術を身に付けることができます。

単に着物を着るということだけではなく、着付けのコツやポイントなどを知識として一緒に教わることができますので、自分に合った着付け教室を探して通ってみることで、着付けのコツを知ることとなります。

自分で着物を着るだけではなく、人に着物の着付けを教えたい、また着物の着付けをするということを仕事にしたいと考えるときには、着付けを仕事にすることが可能です。

日本では、結婚式場や美容院、写真スタジオなどで着物の着付けができるということを生かして働くことができますが、海外でも日本独特の文化である着物の着付けを仕事して生かすことができる場所があります。



  

着物レンタル